FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「胆石症のおはなし」(平成16年10月1日発行 Vol.12より) 
2007.06.25.Mon / 16:40 
内科医師 新城和盛 先生

 胆石とは、胆嚢の中に結石(石)ができることです。症状は激しい腹痛(せん痛発作)。
何の前触れもなく突然起こることがよくあります。しかし、よく聞いてみると、暴飲暴食、過労が引き金になっていることが多いようです。あるいは、脂っこいものを食べた後に調子が悪いということで気がつかれることもあります。
検査は腹部超音波検査が行われます。
この検査は患者さんの負担にならず、直接胆のうの状態や結石を見ることができます。
そのほかにX線撮影、血液の検査、場合によるとX線断層撮影(CT)などが行われることもあります。
痛みの発作に対しては、鎮痛剤や胆のうの緊張を緩める薬剤を使います。
それに多くの場合、細菌感染が起こっている場合が多いので、抗生物質なども用いられます。
しかし、この治療は根本的な治療ではないので、いつ再発するかわかりません。

根本治療には3つの方法があります。
薬で石を溶かす:この方法は石によって効果が期待できないことがありますので、医師とよく相談して決めてください。
衝撃波で粉砕する。
手術:石のある胆のうをまるごと切除してしまうのが究極の根治手段です。最近では、お腹に1センチくらいの切開孔を数箇所あけ、内視鏡を入れて手術するという「腹腔鏡下胆のう摘出術」も行われています。
患者さんへの負担は軽くなりますが、通常の開腹手術とどちらがより適しているかは医学的な判断が必要ですので、お医者さんとよく相談してください。

 また、石があるのに症状がない「無症候胆石」があります。
偶然の超音波検査などで、胆のうに石が見えるのに本人にはまったく症状がない、という例が決して珍しくありません。
そして、石の数が少なければそのまま経過を見ていく、というのが現在の考えです。
しかし、いつ症状を引き起こすかわかりませんし、石の刺激で胆のうの壁が厚くなってきたり、癌が出てきたりという危険も無いとはいえませんので、超音波検査などで定期的に検査観察を続けていかなければなりません。

おわりに:胆石症の診断や治療は、最近大変進歩しました。
悩みを抱えている方は積極的にお医者さんに相談することをお勧めします。
色々な解決法、悩みの軽減法が見つかると思います
スポンサーサイト
CopyRight 2006 ふれあいピックアップ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。